A-Collection

 

HOME> A-Collection > 022 > 尾高高原の家

尾高高原の家

設計 岡本一真/プリヤデザイン一級建築士事務所
施工 ASJ 四日市スタジオ[株式会社上村工建]
構造 木造軸組工法 地上2階
撮影 松村芳治/米田正彦

計画地は三重県北西部に位置し、鈴鹿山地の麓に広がる自然豊かな地域です。この地を初めて訪れたときに一目惚れしたご夫妻が、15年にわたり土地を探し、一昨年ついに念願が叶い終の棲家を手に入れられました。

ご夫妻の要望は、既存樹木を残すこと、バーベキューや菜園など外でのアクティビティをサポートする深い軒庇、多目的に使える土間、そして居間兼寝室となるような和室が欲しいとのことでした。設計に着手するにあたり、これらの要望を整理すると、3つのブロック(水廻り、和室、食堂)に分けられることに気がつきました。家全体をいったん小さなブロックに分割して考えることで、樹木を避けて配置することが可能になりました。

次に各ブロックから屋根を伸ばした交点を土間としました。こうすることで土間は、3つのブロックと関係を持つ多目的な空間になり、三つまたの外観ができあがりました。土間から天井を見上げると3方向から伸びる棟木と登り梁が交差し、視線が外へと広がっていきます。土間と深い軒、デッキによって内と外が繋がるワンルーム空間を楽しめる家ですが、冬の寒さは大変厳しいので、和室は唯一閉じることのできる部屋にしました。

秋には敷地にある栗の木の収穫をお孫さんと楽しまれているそうです。また、テーブルやベンチ、バーベキューグリル、靴箱など少しずつ家具を自作して生活を楽しんでおられ、今年はピザ窯を作る大仕事が待っているそうです。

この家に住んでから、ご主人が近所の方と朗らかに挨拶やお喋りをするようになったと奥様から伺いました。住まいが人の心へと及ぼす力を実感することができ、大変嬉しく思いました。(岡本一真)

■尾高高原の家

所在地

三重県菰野町

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦

設計

岡本一真/プリヤデザイン一級建築士事務所

施工

ASJ 四日市スタジオ[株式会社上村工建]

構造・構法・規模

木造軸組工法 地上2階

建築面積 90.85㎡

延床面積 96.24㎡

竣工年月

2015年4月

撮影

松村芳治/米田正彦

1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
2階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図
クリックで拡大
配置図 縮尺1/1000
クリックで拡大

岡本一真

1974年愛知県生まれ/1998年京都大学工学部建築学科卒業/2000年京都大学大学院工学研究科建築学専攻修了/2005年京都大学大学院工学研究科博士課程/2001年京都精華大学非常勤講師/2002年プリヤデザイン一級建築士事務所設立

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

建築家のプラン提案

実例集をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待