A-Collection

 

HOME> A-Collection > 024 > CO-RECT

CO-RECT

設計 河野有悟/河野有悟建築計画室
施工 ASJ 浜松スタジオ[株式会社マブチ工業]
構造 木造在来工法 地上2階
撮影 藤井浩司

[3つの“人と陽の導線空間”のある住まい]
夫婦と子供ふたりの4人家族のための住まい。田畑が広がっている、周囲がとても開放的な住宅地に敷地は位置していました。南側接道の敷地でもあり、とても好条件の立地に思えましたが、道路を挟んだ南側は計画地よりも少し高く、そこに背の高い事務所建物が建ち、南側からの陽ざしと共に視線も注がれており、計画には配慮を要しました。

こうした立地にあって、できるだけ採光を確保しつつも、諸室の要望を満たすだけではなく、内部空間と連続した中庭のような生活空間を設けて、内部空間も中庭空間もしっかりとプライバシーの保たれた住まいにしたいと希望されました。
一見、相反するような命題に応えること、時にはそうした命題も進んで見つけ出して、立地や住み手の生活という、その住まいがもつ個別のテーマを掘り下げて考えることから、計画を紡ぎ出すことが大切だと考えています。

今回の計画では、敷地の広がりをできるだけ有効に活かした、中庭を囲む矩形の水平性を保った平面計画に加えて、道路からの引き込み空間となるアプローチと、中庭に並行して配した天井を吹き抜け状に高くしたふたつの廊下を計画しました。
建築全体にリニアに配したこの3本の“人と陽の導線空間”によって、住まいに陽の光を取り込み、立体的で変化のある住空間を組み立てています。玄関の手前に道路と並行して配し建築のヴォリュームの中に一体に取込んだアプローチ空間には、ファサードを横断するスリットを設け、内部空間に設けたふたつのリニアな吹き抜け空間には、水平性の高い居住空間の中に立ち上がる高窓スリットからそれぞれ光を導いています。

プライバシーをコントロールしながら、人と陽の動きを導く3つの空間。この3つの導線空間が、住まいの個々の場を繋ぎ、また分節しつつ、水平性の中に立体的に立ち上がる、快適な生活空間を組み立てています。(河野有悟)

■CO-RECT

所在地

静岡県磐田市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供2人

設計

河野有悟/河野有悟建築計画室

施工

ASJ 浜松スタジオ[株式会社マブチ工業]

構造・構法・規模

木造在来工法 地上2階

建築面積 127.01㎡

延床面積 128.43㎡

竣工年月

2016年12月

撮影

藤井浩司

1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
2階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図 縮尺1/200
クリックで拡大
配置図 縮尺1/2000
クリックで拡大

河野有悟

1969年東京都生まれ/1995年武蔵野美術大学建築学科卒業/1995年早川邦彦建築研究室入所/2002年有限会社河野有悟建築計画室設立

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待