A-Collection

 

HOME> A-Collection > 025 > 森の家

森の家

設計 小島広行/デ・ステイル建築研究所
施工 ASJ 飛騨高山スタジオ[株式会社井上工務店]
構造 木造在来工法 一部鉄骨造 地上2階
撮影 中村絵

敷地は岐阜県可児市の田園風景が連続する地区の小高い森の中にあります。可能な限り森から突出せず、森に包み込まれる形態にデザインし、環境を室内に取り込む設計手法を選択しました。
要望は、クライアント夫婦、父親、親戚夫婦が生活する住宅としてプログラムすることと、親戚一同がストレスなく集まれる空間と、さらには非日常的生活が可能な空間として存在することです。よって、通常の国内には存在しない住宅形態であり、日常生活において海外に住まうような疑似体験が可能な空間構成としました。

多世帯が同居するため、生活時間帯の相異によるストレスを回避するために、世帯間の動線の交錯を避け、オープンスペース(ホール)を中心に各動線を確保しました。オープンスペースは大勢の親戚が一同に会せるマルチパーパスな空間として、エントランス正面に配置し、このホールから全てが展開します。

周辺環境と共生するため開口部を積極的に森に開放し、自然を存分に体感できる設えとしました。南側の長大テラスは、室内とも室外とも感じられる中間的な領域空間として、 世帯間に緩やかな一体感を与えるスペースを創造しています。
外部空間を随所に挿入し、明るく開放性を感じる平面計画とし、吹き抜け空間をダイナミックに横断するブリッジは断面的に連続性を創出しています。

バスルームは3カ所あり、メインは御影石の浴槽とし、広いバスコートにより外部からの視線は回避しながら、森の木々が視界を占領し露天風呂の雰囲気を醸し出しています。各部屋を外部と積極的に接触できる配置にすることで、想像以上に開放性と自然との一体性が感じられる構成となりました。

スクエアデッキ、バスコート、インナーテラス、2階バルコニーの4つの外部スペースと森側に開かれた開口部が南側から北側へと、外部空間〜中間領域〜室内空間〜中間領域〜室内空間〜外部空間として環境的な連携が、建物のヴォリューム以上に存在感を与えています。各世帯がストレスなく生活可能な建築を目指しました。(小島広行)

■森の家

所在地

岐阜県可児市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+父+親戚夫婦

設計

小島広行/デ・ステイル建築研究所

施工

ASJ 飛騨高山スタジオ[株式会社井上工務店]

構造・構法・規模

木造在来工法 一部鉄骨造  地上2階

建築面積 247.34㎡

延床面積 286.72㎡

竣工年月

2016年12月

撮影

中村絵

1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
2階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図 縮尺1/200
クリックで拡大

小島広行

1962年千葉県生まれ/1986年日本大学生産工学部建築工学科卒業/1990年株式会社榎本建築設計事務所入社/2004年デ・ステイル建築研究所設立/2008年株式会社デ・ステイル建築研究所として法人化

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

建築家のプラン提案

実例集をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待