A-Collection

 

HOME> A-Collection > 025 > 光の方形

光の方形

設計 天久和則/ TENK
施工 ASJ 岡山中央スタジオ[株式会社イチエ建匠]
構造 木造在来工法 地上1階
撮影 Nacása & Partners Inc. / 藤井浩司

与えられた土地の中から何とか希望の宝を探し出して生かすことにより、失ったと思ったものを代償して与えるという解決しかないのだろうか......。
またそこが設計のミソというものだろうか......。郊外にあるこの場所は古い家と新しい家が混在し、区画整理されている敷地である。敷地内に与えられた場所は、母屋の南側の東西に広がる場所。東側には道路が走り、西には古い家が建ち並び、南は近い将来必ず住宅が建つであろう条件の中での計画であった。東西に長い、いわばうなぎの寝床を宝とし、東から西まで見渡せるプランとした。

低く抑えられたヴォリュームは、母屋に光を与えるだけでなく若夫婦の家と母屋と街が離れすぎない距離感を確保した。そして共有のアプローチにおいては素材や形、高さに変化をつけ、時の流れが重なり合う場所にした。敷地の広さを考慮し、敷地いっぱいに生活空間をくくるための輪郭線を描き、東西に延びた領域に内部と外部を散在させると、明るく風通しの良い空間が生まれた。内部と外部が絡み合いながら水平方向に延びる空間の中で、リビングだけ一瞬包み込む。ガラスのハイサイド窓により屋根を浮かせ、昼は暖かく柔らかい光を取り込み、夜は生活の明かりで母屋との共有スペースを照らす。そして天井の垂木を扇状に架けることにより、家族が自然と集まってくるような場所にした。

生活が環境の移ろいに敏感になり自然と意識は外へと向かう。建築はそのための静かな骨格であればいい。晴れの日、庇や目隠しの壁、中庭の木々は部屋の内部に影を落とし、内外の明度差を和らげ、周りの視線から守られているがゆえに、内と外の境界をぼかす。家の広がりの中に明るさや静けさや繋がりの濃淡が分布しているが、個人の占有場所はそこまで明確ではない。家全体が自分の身の回りになればと思っている。(天久和則)

■光の方形

所在地

岡山県総社市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供

設計

天久和則/ TENK

施工

ASJ 岡山中央スタジオ[株式会社イチエ建匠]

構造・構法・規模

木造在来工法 地上1階

建築面積 110.13㎡

延床面積 94.54㎡

竣工年月

2016年11月

撮影

Nacása & Partners Inc. / 藤井浩司

1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図A 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図B 縮尺1/200
クリックで拡大
配置図 縮尺1/3000
クリックで拡大

天久和則

1970年広島県生まれ/1993年福山大学工学部建築学科卒業/1995年株式会社佐藤建築事務所入所/2000年株式会社建築倶楽部入所/2003年テンキュウカズノリ設計室設立/2014年株式会社 TENK/ テンキュウカズノリ設計室に法人化

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

建築家のプラン提案

実例集をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待