A-Collection

 

HOME> A-Collection > 025 > 調布の家

調布の家

設計 河内真菜/ 一級建築士事務所アトリエマナ
施工 ASJ 東京西多摩スタジオ[有限会社ユー・エス・イー]
構造 木造在来工法 地上2階
撮影 Nacása & Partners Inc. / 藤井浩司

調布の閑静な住宅街に建つ終の棲家です。チェロを嗜み、大切にされている調度品を折々に設えることが楽しみな心優しい奥様と、車やバイク、プラモデルなどの趣味が豊かで和やかなご主人、夫婦おふたりのための住まいです。
敷地は、間口が狭く奥に広がりのある立地 で、隣地が迫りどこに窓をあけてもバッティングしてしまい、日照などが心配される条件でした。私はここで、建て込んだ住宅地でありながら、中庭やプライベート・テラスなどの外部空間を、立体的に建築に取り込むことで、奥行きがあり、外にも内にも居場所のある、明るく広がる夫婦の居場所を設えることを試みました。

そこで、間口の狭い接道スペースにエントランスと車寄せを設け、奥に中庭を中心に、吹き抜けやメインの居住スペースを配置することで、暖かな光や採光が住まいの隅々まで感じられる設計としました。
ファサードは街並みに溶け込むよう、アースカラーのナチュラルな素材を採用し、レンガや左官仕上げの外壁、木製の玄関ドアで設え、温かみのある上品なたたずまいとしました。

プランは、中庭を中心にシンプルな矩形で計画しています。そこに、吹き抜けのあるダウンフロア、大壁面、低い天井高さのスペースなど、メリハリのある立体空間を展開することで、さまざまな視点から光や影、家族の気配を豊かに感じられる居場所を形作っています。
1階は、パブリックスペースから成ります。メインのリビングスペースは光が下まで届くように、中庭に面して吹き抜けとすることで、東西の高窓や中庭の壁面からの光の反射を利用し、日中、暖かな光がどこからも感じられる居場所となっています。食事のスペースは、落ち着きある低い天井高とし、中庭の季節や時間の移ろいをゆっくり眺めながら、調理や食事を楽しむことができます。趣味の書斎が、ご夫婦おのおの計画され、趣味の活動ができるよう、それぞれ個性的にシンプルにオーダ ーしました。

2階は、プライベートスペースから成ります。寝室からは空を楽しんだり、日中でも快適に過ごせる配置とし、直接布団を干すプライベートテラスを配置しました。エントランスの上部に水周りを配置し、サニタリーテラスを配置することで、暖かな光を感じながら、ゆっくりくつろいだり、洗濯物を外部から見られずに干すこともできます。大きなファミリークロークは、調度品の保管場所であったり、日用品がしまわれ、ご夫婦に使いやすい動線計画としています。
敷地の特性を解釈し立体的に解くことで、落ち着きのある夫婦の住まいを実現しました。(河内真菜)

■調布の家

所在地

東京都調布市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦

設計

河内真菜/一級建築士事務所アトリエマナ

施工

ASJ 東京西多摩スタジオ[有限会社ユー・エス・イー]

構造・構法・規模

木造在来工法 地上2階

建築面積 68.91㎡

延床面積 104.69㎡

竣工年月

2017年1月

撮影

Nacása & Partners Inc. / 藤井浩司

1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
2階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図 縮尺1/200
クリックで拡大
北側外観 縮尺1/200
クリックで拡大
東側外観 縮尺1/200
クリックで拡大
配置図 縮尺1/2000
クリックで拡大

河内真菜

1974年福島県生まれ/1998年日本女子大学家政学部住居学科卒業/2000年日本女子大学家政学研究科住居学専攻修士課程修了/2000年株式会社陶器二三雄建築研究所入所/2004年河内建築設計事務所パートナー/2010年一級建築士事務所アトリエマナ設立/2014年株式会社一級建築士事務所アトリエマナとして法人化

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

建築家のプラン提案

実例集をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待