施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 成長や記憶を刻み続ける長期優良の住まい

SHARE

ASJ Works Close-up

成長や記憶を刻み続ける長期優良の住まい

滋賀県草津市

南草津の家

設計 金山大/スウィング
施工 ASJ大津スタジオ[大輪建設株式会社]

リビングの階段のTさん夫妻と子ども部屋から顔をのぞかせるお嬢さんとそのお友達。

正面に配された開放的なリビングはウッドフェンスや植栽で視線がほどよく遮られている。①

母なる湖、琵琶湖――。さまざまな生物を育て、水瓶として関西の暮らしを支えている。そんな琵琶湖の南部、草津市で、Tさん一家は自然で開放的な時間を満喫しておられる。
 リビングは庭に面して窓が大きく開き、ほどよい高さの吹き抜けに。そんなオープンな構造にも関わらず、外からの視線が気にならないのは、植栽やウッドフェンスによる遮へいだけではない。リビングの窓には格子戸がはまり、外からの光りや風を取り込みながら視線を上手く遮っている。防犯効果も高く、夏の夜などは格子戸と網戸だけで眠りにつくことも。
 「夫は、竣工二日目にして、リビングで眠ったんですよ」。
 「風が心地よくてね」。
 「冬もときどき寝ているわね」。
 「床下の蓄熱暖房があたたかいからね」。
 こんな会話ができるとは、建替え前には想像もつかなかったと、Tさん夫妻は笑う。なにしろ築十一年で購入して一〇年間住んだ家は、冬には室温が上がらず、吐く息が白く濁った。そのため結露もひどかったという。また、長男が中学に、長女が小学校に上がり、少々手狭になったことも気になり始めた。 「家には子ども達との思い出を少しでもたくさん刻んでおきたい。建替えるなら早めがいいと考えました。そんなとき、ASJの『未来をのぞく住宅展』を知ったんです」。
 Tさんが、二〇一〇年当時のことを振り返ってくださった。 
 「建築家の金山さんやASJ大津スタジオの拾井さんとのやりとりのなかで、自分達の漠然としたプランが形になっていくことが新鮮でした」。
 実は、Tさんが訪ねた住宅展はASJが最初で最後。家づくりを勉強中のTさんにとって、図面ではなく、施工例の写真でイメージを固めていく金山氏の手法は、「型どおりではない」という点で安心感が得られたという。
 「金山さんにお願いしたのは、冬があたたかいこと、どこにいても家族の存在が感じられること、そして、開放的なリビングです」。

2階の和室は「寝転がって見る景色が南国のバンガローのよう」と奥様お気に入りの場所。②

金山さんが「高すぎず低すぎずの絶妙な高さ」にこだわった吹き抜けが心を落ちつかせる。③
奥様の希望に合わせた対面式キッチン。お嬢さんがよく手伝うようになったとか。④

そのほか「愛用のナラ材の家具との統一感がほしいな」「空や樹を眺めながら入浴したいな」「キッチンは対面式がいいな」といった希望を「できたらいいなリスト」にまとめ、金山氏に伝えた。
 夢はほぼ実現していて、古木風ナラ材の床やヨシを使った天井が、Tさん夫妻のナチュラルなセンスを満足させ、浴室では植え込みに積もった雪が露天風呂感覚を楽しませる。また、リビングでは家族の会話が豊かになり、キッチンではお嬢さんが自然に手伝うようになった。
 こうした家族の思い出を紡ぐ家は長く残したいと、Tさんは大津スタジオが得意とする「SE構法」での建築を採用。それにより、国が進める「長期優良住宅」の認定も取得した。
 「『長期優良住宅』の申請には少し手間がかかりましたが、減税やローンの優遇などを受けることができるというので、『夢を削るくらいなら』と、金山さんや大津スタジオの協力を得ながら成し遂げました」。
 夢の住まいを完成させたTさんは、竣工時だけでなく竣工一周年のときにも、金山氏や大津スタジオのスタッフを招いて記念パーティを開いておられる。
 「夫も含めみなさんは毎回、家づくりについてのお互いの功績を褒め合っておられます」とは奥様。こうした時間もまた、T氏邸には楽しい記憶として刻まれていくに違いない。
(取材/香川泰子)

開放的なリビング。オブジェのような片持ちの階段を眺めながらお酒を飲むのがTさんの至福のとき。⑤

外からの視線を巧みに遮る格子戸。防犯効果も高く、夏の夜はこの格子戸と外側の網戸だけで。⑥
2 階の書斎でのTさん。仕事をしたり、趣味のギターを弾いたり。⑦
ヒノキを張った浴室。天井の隙間からは空を、窓からは植栽を眺めることができる。⑧
「金山さんは光の回し方がお上手で、とても気に入っています」とはTさんの奥様。⑨
子ども達がリビングにいる時間が増えたとTさん。階段はときどきお嬢さんの勉強机にもなるそう。⑩
ウッドフェンス前の緑の回廊が玄関へと続く。⑪

■南草津の家

所在地

滋賀県草津市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供2人

設計

設計 金山大/株式会社スウィング
 担当 金山大 大知梨恵(元所員)
構造  株式会社エヌ・シー・エヌ
 担当 伊東洋路
設備・電機 担当 金山大 大知梨恵(元所員)

施工

ASJ大津スタジオ[大輪建設株式会社]
 担当 拾井諭
設備 アルファ管工 担当 山口豊樹
電気 有限会社田中電気工業 担当 田中利明
外構・造園 株式会社ハヤト 担当 本郷速人

構造・構法・規模

木造SE構法
地上2階 
軒高 6,766mm 最高の高さ 7,475mm
敷地面積 198.80m2
建築面積  86.45m2(建蔽率43.48% 許容 60%)
延床面積 127.58m2(容積率64.18% 許容200%)
 1階  62.81m2
 2階  64.76m2

主な外部仕上げ

外壁 窯業系サイディング
開口部 アルミサッシュ
外構 モルタルコテ仕上げ、改良土

主な内部仕上げ

LDK
 床 古木風ナラフローリング
 壁 クロス貼り
 天井 ヨシ合板
2階個室
 床 複合フローリング
 壁・天井 クロス貼り

工程

設計期間 2010年7月~2010年12月
工事期間 2011年1月~2011年 7月

撮影

水野真澄(表紙 ④⑦⑩⑪)
平井美行写真事務所(①②③⑤⑥⑧⑨)

南北断面図
クリックで拡大
東西断面図
クリックで拡大
2階平面
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大

大阪市西区

[長野県北佐久郡軽井沢町]

1974年兵庫県生まれ/1996年大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、IAO竹田設計に勤務/2005年有限会社フロンティア・アーキテクツ一級建築士事務所入社/2006年株式会社スウィング共同設立

南草津の家
 
 郊外の閑静な住宅地にある、既存住宅の建て替え計画です。南面道路で、三方は隣地に囲まれたほぼ正形な敷地でした。これまでの生活のご不便やご不満をじっくりと聞かせていただき、庭とのつながりや開放的な空間、プライバシーへの配慮、結露・底冷えのない家など、Tさんから頂いた「できたらいいなリスト」を元に、プランニングを重ねていきました。
 具体的な日々のライフスタイルやご趣味、居心地よいと感じるひとときなどのイメージをトレースするようにプランニングし、Tさん御家族の生活にそっと寄り添うような家になることをイメージしました。
 光や風、季節の移ろいを感じられるよう中央の庭を建物が囲うように配置。深い軒と吹抜を中心として個室とリビングが緩やかにつながっています。片持ち階段、格子床、適所に設けた開口部など、視線の抜けを意識し、広がりのある暮らしの場となるよう配慮しました。
 耐震・省エネ・維持管理対策など長期優良住宅の適合を受けた性能と、床下スラブに設けた蓄熱暖房など、高い機能面にも配慮しました。なかでも、高い断熱性能と蓄熱暖房の組み合わせで、昨年の冬もとても快適に過ごされたと、嬉しいご報告をいただきました。無垢のナラ床、ヨシの天井、浴室に張ったヒノキ板、柔らかなライティングの設計など、温かみのある、シンプルで安らかな空間が出来上がったと思います。
 ご家族の住まうことへの愛が投影されたような家となりました。Tさんご家族との出会いをはじめ、熱意ある大津スタジオさんとのやりとりなど、設計・現場監理を通して、私にとっても感慨深い仕事になりました。

ASJ大津スタジオ

[大輪建設建株式会社]

エンジニア:拾井諭
 未来をのぞく住宅展で出会ったT様とは、オリエンテーションの際にスタジオに来場いただき、現場の施工写真をお見せしたところから始まっています。建築家の監理だけでなく現場担当者としても、施工体制についてご理解を頂いたと思います。
 その後、イベント会場ではまだどこか、家づくりに関して半信半疑のようなご様子だったT様が、金山先生とのやりとりの中で、イメージをまとめていかれ、存分に家づくりを楽しんでおられるのが手に取るようにわかりました。
 SE構法で施工された「南草津の家」は解放的なリビングを中心にどの部屋にもつながっていくため、その見え方にこだわりました。また、階段をどんな風に切りまわすか、風呂場のトップライトのしまい方、ガレージの入り口ドアの工夫など、何か所か苦労した所を思い出します。
 弊社がお引き渡ししたお客様をお招きする、年に一度開催の「OOWA オーナーズクラブ感謝の集い」でオーナー様の声として、ご自身の家づくりをたくさんの写真資料を基に発表されたT様の思い出も今では、懐かしく感じられます。
 ちょうど、お引き渡しをしてから1年。つい先日、T様から竣工1年のパーティにお招きいただきました。T様と趣味の音楽について一緒に語り明かして、金山先生と一緒にワインをあけました。朝までリビングで寝てしまったというT様のくつろぎの場所として、また、家族の皆さんが安心して暮らせる場所として、今後も楽しんでいただけたらと思います。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待