施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 住めば住むほど味が出る意味ある機能性に満ちた終のすみか

SHARE

ASJ Works Close-up

住めば住むほど味が出る意味ある機能性に満ちた終のすみか

長崎県長崎市

銭座の家

設計 一ノ瀬勇/ケイス
施工 ASJ長崎スタジオ[武藤建設株式会社]

豊富な木材が出迎えるU 邸玄関。長く伸びた庇のおかげで雨の日でも濡れずに車に乗り降りすることができる。

道路側にまったく窓のないU 邸。屋根部に秘められた絶妙な水切り加工は壁の劣化を劇的に減らすという。①

 すり鉢状の地形が作り出す夜景の美しさで知られる長崎市。車一台分の細道を登り、いっさい窓の無いU邸外観を訝りつつ玄関を開けると、吹き抜けるような開放感が待っていた。「ご近所さんから『家、暗くない?』なんて聞かれるけれど、この通りの快適さなんですよ」。出迎えた妻Sさんがほほ笑んだ。
 U夫妻は結婚から二〇数年間、この地でUさんの親と暮らす。築五〇年超の旧家は年中すきま風の止まない「夏暑く冬寒い家」だったが、借地のため全改築は無理と諦めマンション購入や土地探しを模索していた。それを覆す決意をさせたのは、八五歳になる母親のこの地を離れがたい思い。亡父との思い出で満ちた旧家を取り壊す寂しさではなく、「新しい家が建つのよ」と喜ぶ姿に夫妻は心から安堵したそうだ。
 とはいえ坂の町ならではの高低差のある同地をハウスメーカー規格に合わせることは難しく、ASJのイベントで建築家、一ノ瀬勇さんに相談したところ「変わった土地は自分の得意分野。ぜひやらせて」と頼もしい返事が戻ってきた。「翌日には土地を見て、家族構成を尋ねて、箪笥の寸法を測って…。それは情熱的に自分たちの希望を聞き取ってくれ、気持ちがぴったり重なった」と妻Sさん。一ノ瀬さんは「旧家は長屋のような佇まいで最奥の小さな庭が唯一光の射す場所だった。『明るくて気持ちのいい家を提供したい』。それが第一印象であり、全てだった」と振り返る。

リビングから母室を望む。和室の天井材は葦を編んだヨシボードが使用されている。②

玄関の吹き抜けの高さには、訪れた人すべてが感嘆の声をあげるという。③
美しい木目と色に心がなごむ。「木材の配置バランスは大工のセンス。完成したときは惚れ惚れした」と一ノ瀬さんも舌を巻く。④

 設計から工事完了まで、夫妻の希望は「住めば住むほど〝味〞の出る家を」と一貫。家中どの部屋からも庭が見え、日当たりと風通しがよく、何より、母親も家族も安心して安全に暮らせるようバリアフリーはもちろん、母室から最もバストイレが近くなる間取りを依頼した。「建ち始めたら日々の進捗状況が楽しみで。難点だと思っていた段差に倉庫が生まれて感心し、細部にまで手間を惜しまない工務店さんの技に感謝し。楽しい家づくりでした」。
 家族が新居へ戻って約一〇ヶ月。旧家の飛石や沓脱ぎ石が残された庭で、母は日向ぼっこを満喫し、Uさんは孫がいつか水遊びやバーベキューをする姿を想像し、妻Sさんはじっくり庭造りに取り組みたいと夢を膨らませている。「自分たちにとっても終のすみか。希望をいっぱい叶えてもらって、大満足の家ができました」。家族それぞれのペースで、この家の〝味つけ〞がなされていくに違いない。
(取材/坂口紀美子)

妻S さんの一番のお気に入りの場所は、階段を登り降りしながら眺める庭の景色と光の射し具合なのだそう。⑤

壁と床の取り合い部に納められた幅木はわずか3mm。丁寧なひと手間に込められた質の高さが光る。⑥
本取材の様子をパチリ。仕事を忘れ、つい長居したくなる居心地よさだ。⑦
明るい庭を見ながらの台所仕事は、気持ちも手際も軽やかにはかどることだろう。⑧
真正面の細道からU邸を見る。長崎にはひと一人が通れるような細道が多く点在している。⑨
「我が家の別名は“人を迎える家”。新築祝いだけでも何回し たことか」と妻Sさんが笑顏で教えてくれた。⑩
建築時の思い出話に花が咲く、U邸建築“プロジェクトメンバー”。⑪
U 邸外観。鋼板屋根と天井の間には、蓄熱された気流を夏は外へ・冬は内部へ取り込む断熱性能が効いてい
る。⑫

■銭座の家

所在地

長崎県長崎市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+祖母+子供1人

設計

設計者 一ノ瀬勇/ケイス

施工

ASJ長崎スタジオ[武藤建設株式会社]

構造・構法・規模

木造在来工法造
地上2階
軒高 6,400mm 最高の高さ 7,800mm
敷地面積 196.83m2
建築面積  85.71m2(建蔽率48.63% 許容60%)
延床面積 131.45m2(容積率66.79% 許容200%)
1階   81.31m2
2階   50.14m2

主な外部仕上げ

屋根 ガルバリウム鋼板 タテハゼ葺き
外壁 ラスモルタル+リシン吹付け
クルイン+押え縁+キシラデコール塗布
開口部 アルミサッシュ
外構 コンクリート金ゴテ、300角磁器質タイル
シンボルツリー/シマトネリコ、ヤマボウシ

主な内部仕上げ

LDK
 床 ムアガ無垢フローリングt15
 壁 壁紙
 天井 レッドシダー
母室
 床 縁有畳敷き
 壁 珪藻土コテ塗り
 天井 ヨシボード
主寝室、子供室
 床 ムアガ無垢フローリングt15
 壁・天井 壁紙

工程

設計期間 2010年 9月~2011年 3月
工事期間 2011年10月~2012年 4月

撮影

坂口紀美子(⑤⑦⑪)
宮崎富嗣成(表紙 ①②③④⑥⑧⑨⑩⑫)

断面図
クリックで拡大
2階平面
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大

一ノ瀬勇

[福岡市中央区]

1966年佐賀県生まれ/1985年佐賀県立塩田工業高等学校卒業/1988年石橋建築事務所入社/1997年一ノ瀬勇建築事務所設立/2002年有限会社ケイスとして法人化/2003年株式会社ケイスに改組

銭座の家
 
 長崎市、爆心地から1.5キロしか離れていない敷地に戦後に建てられた古い住宅その場所にて最初のヒアリングは始まりました。
 隣地境界ギリギリに建てられた住宅の部屋の奥に二坪ほどの庭があり、そこに降りてくる一時の光を大事にしていると話をされる建主の思いが深く伝わりました。優しく笑うおばあちゃんの部屋に燦燦と降り注ぐ光を…そんな住宅を設計したい。今回の住宅の設計主旨はその時に決まりました。
 間取りは,1階にリビング、ダイニング、キッチン、水周りと吹き抜けとなる階段ホール、そしてリビングに繋がるおばあちゃんの部屋、2階に夫婦室と子供室。数案提案した中から一番普通の間取りを建主は選ばれました。その案は広く確保した中庭にどの部屋からも、優しく繋がることの出来る間取りでした。
 おばあちゃんの部屋の開口部に隣家の外壁が、かからない配置計画が重要でした。材質は床にアフリカンチークと呼ばれるムアガの無垢材、天井にウエスタンレッドシダー、外壁にインドネシアンクルイン。特に無垢材の経年劣化による不具合を無くすため、又、美しく効率的に維持するために庇は深く、又何層にもなる水みちを断ち切る板金の複雑な水切り加工、突きつけではなく、すかして押さえ縁にて納めるといった全てに手間のかかる工法を指示しました。普通のデザインだからこそ、深く拘ったディテール、納まりに徹し細部まで一貫し誠実な住宅が出来上がったと思います。
 施工をしてくださった武藤建設(長崎スタジオ)の社長、監督、職人様たちには感謝をしたい。定期検査にて数ヶ月ぶりに訪れた住宅は凛として美しかった。喜ばれている建主家族の笑顔が忘れられません。

ASJ長崎スタジオ

[武藤建設株式会社]

スタジオマネージャー:武藤剛
 U様との出会いは、2010年の夏ごろの事でした。他の工務店にて計画を進めていたものの、敷地に段差がある事や隣地との取り合いなどの制約からか、一向にプランが進まないのでどうすればよいかというご相談からでした。
 それからすぐにお宅にお邪魔して、敷地の測量と隣地建物の窓の位置の実測を行い、敷地条件などを把握した上で、一ノ瀬先生にプランに入っていただきました。一ノ瀬先生は、それからほんの少しの間の9月には1stプレゼンテーションという仕事の速さ。しかも、U様の様々なご要望にお応えするA~E案の5プランでした。それぞれに緻密な考えが盛り込まれたプランにU様も大変迷われたことと思います。1案に絞り込まれてからは、同居されるおばあちゃんの生活や使い勝手に配慮して、おばあちゃんの居室の窓をなるべく大きく取り、開放的で明るい部屋になるようにしたり、部屋から近い位置におばあちゃんの専用の収納を設けたりといった変更を随所に盛り込み、最終プランとなりました。
 実施設計に入り、ほぼ固まりかけた終盤にはあの東日本大震災が発災し、工事契約の時期を様子見したことなどもありましたが、2011年8月に工事契約いただき、翌4月に無事お引き渡しさせていただきました。工事中も一ノ瀬先生と担当の寺迫さんと納まりについて協議をしたり、棟上げ後に実際の日の差し方からサッシュの微調整をしたりと、細かいディテールの打ち合わせを何度も重ねてきました。
 今回はU様ご夫妻とおばあちゃん、お子様の4人住まい、家族の絆がより深まるような住まいをお引き渡しできたのではないかと思っています。この住まいづくりに参加させていただいたことに本当に感謝しています。ありがとうございました。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待