施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 視線を気にせず開放的に暮らす家

SHARE

ASJ Works Close-up

視線を気にせず開放的に暮らす家

青森県八戸市

中庭のある家

設計 板垣美保/Craftwork建築計画工房
施工 ASJ八戸スタジオ[株式会社田名部組]

中庭のウッドデッキでくつろぐT さんと奥様。リビングダイニングから続く中庭は、周囲の視線を気にせず家族皆で楽しめる空間。

平屋的なイメージの外観。硬質なダークグレーとやさしい木目のコントラストで引き締まった佇まい。①

太平洋に面し、古くから港町として栄えてきた青森県八戸市。その市街地を見下ろす高台に建つT邸。晴れた日には遠く八甲田山まで一望できる。
 家づくりのきっかけは、Tさんが息子さんと何気なく立ち寄ったASJのイベント。そこで板垣美保さんの建築を初めて目にした。その後、水回りのリフォームをしたいと夫婦で話すようになり、考えた末新たに建てることに。
 「その頃、ちょうどASJから届いたハガキで板垣さんの作品と再会したんです。他のハウスメーカーさんも色々見たのですが、自分たちの要望がどこまで通るのか分からなかったし、板垣さんの建築は家内も気に入ってくれて」。
 板垣さんの作品は、窓や戸の格子を通して届く光が美しく、印象的だったそうだ。家づくりは大変だとよく聞くが、Tさんは建築家を気に入って依頼したので心配はしていなかったという。実際、最初の打ち合わせで要望を伝えた後、あがってきた提案と模型も気に入ってほぼ変更していないそうだ。
 T邸は、新しい土地に新築という形だったため、板垣さんは要望を踏まえつつ、新居でのプライバシーに配慮した。「前後のお宅や通りから室内が丸見えにならないよう、外からは閉鎖空間に見えて、それでいて中にいる人には閉塞感なく、リビングやウッドデッキで楽しく過ごせるように設計しました」と話す。
 完成したT邸は、玄関から中庭を囲むように続く廊下、リビング、二階まで、自然光で明るく満たされているのに、日差しは柔らかくコントロールされ、なおかつ外からの視線を意識せず過ごすことができる。
 Tさんが最も大切にしたかったのは家族の集まる空間。 「ほとんど独立しましたが、息子が五人いるんです。これまで住んでいた家は、皆が集まるには手狭だったので、今回一番に希望したのは、リビングを広めにとってもらうことでした。子供や孫が遊びに来たときにもゆったりできるように」。

長く張り出したひさしは夏場の日差しから室内を守る。②
将来息子さんが家を建てられるよう敷地の半分を残し、連結の可能性も踏まえて勝手口を配置。③

白と木目を基調とし床はカバザクラの無垢材。光あふれる明るいリビングダイニングは暖かく過ごしやすいそう。夫婦2 人の穏やかで充実した時間が流れる。④

 キッチンはリビングダイニングに向いており、ダイニングの奥には作り付けの作業机も備わっている。キッチンに立つ奥様とTさんが机に向かったままでもコミュニケーションがとれる、夫婦二人にちょうど良い距離。また、広めのリビングと続き間のような中庭のおかげで、家族が集まった時にも窮屈さを感じさせない開放感があり、どこにいてもリビングを中心に皆と会話ができる。
 「これまではキッチンの壁に向かって一人で料理している気分でしたが、今はリビングや中庭が見えますし、家族の様子が感じられて良いですね」と話す奥様。一方Tさんは、「色々楽しく考えています。本棚に置きたい本やレコード、写真はどれを飾ろうかって。ずっと写真が好きで、昔は子供たち、今は孫の写真がたくさん。家が完成してからは、日が暮れたら外に出て家の写真を撮るんです。家から漏れる光がなんともいえず気に入っています」。家で過ごす時間、そして家を眺めるのもまた楽しい。明るくて過ごしやすい、Tさんご夫婦が思い描いていた暮らし。
 二階のバルコニーからの眺めが最高で、夜景もきれいに見えると笑顔で話すTさん。今年の夏は、皆が集まるこの家で、お孫さんたちと一緒に花火大会を楽しむ予定だ。(取材/齋藤純子)

バルコニーへ抜ける2 階に設けられたフリースペース。現在はお孫さんの遊び場になっている。⑤
リビングへ続く中庭に面した廊下。⑥
内玄関が自然な境界線となり、親しい人以外は中が伺えないようになっている。⑦
通常より高さをもたせた和室。置きたい家具がぴったり収まるよう設計されている。⑧
老後を考えドアは引き戸、車イスが通れるスペースを確保している。⑨

ソファに座ったまま、家の中の大事な物が全部見えるようにしたというリビング。本棚にはT さんが撮影した子供たちの写真を飾る予定。息子さん家族が集まると一気に賑やかになる。⑩

ダイニングと作業机。机に向かうときはここにいることが多い。⑪
好奇心旺盛で活動的なT さん。写真にレコードにギターと趣味を楽しんでいる。⑫
階段から2 階は窓の位置が高く、採光を確保しながらも外からは見えないつくり。⑯
市街地を一望できるバルコニーは2 人のお気に入り。⑰
帰ってきた時、出かける時、家の窓からこぼれる明かりに心が和む。⑱
建築家の板垣さんとT さんご夫妻。⑲

■中庭のある家

所在地

青森県八戸市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦

設計

設計者 板垣美保/Craftwork建築計画工房
構造  木村構造設計室 担当 木村智彦
設備  Craftwork建築計画工房 担当 板垣美保
電気  Lighting Project  担当 山谷雅英

施工

担当  ASJ八戸スタジオ[株式会社田名部組]
電気  株式会社北電 担当 山谷雅英

構造・構法・規模

木造在来工法
地上2階 
軒高 6,300mm 最高の高さ 6,896mm
敷地面積 397.37m2
建築面積  92.78m2(建蔽率23.34% 許容50%)
延床面積 124.19m2(容積率31.25% 許容80%)
 1階   92.73m2
 2階   31.46m2

主な外部仕上げ

屋根 塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板(ガルバリウム鋼板)t=0.35
外壁 金属サイディング一部木製サイディング リボスカルデット塗装
開口部 高断熱樹脂サッシュ 断熱木製玄関片引戸(ヘーベシーベタイプ・木製建具)
外構 コンクリート舗装 インターロッキング 砂利敷き

主な内部仕上げ

LDK
 床 バーチフローリングt=15
 壁・天井 クロス貼り
客間
 床 縁無し畳
 壁 クロス貼り
 天井 シナベニヤ張り リボスカルデット塗装
内玄関、玄関
 床 タイル仕上げ
 壁・天井 クロス貼り

工程

設計期間 2012年 9月~2012年12月
工事期間 2012年12月~2013年 4月

撮影

伊藤トオル(①②③⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮⑯⑱)
齋藤純子(表紙 ④⑫⑬⑰⑲)

2階平面
クリックで拡大
断面
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大

板垣美保

[青森県青森市]

1965 年青森県生まれ/ 1984 年青森県立青森西
高等学校卒業後、ホンダベルノ青森店 勤務/
1985 年株式会社都市システム入社/ 1991 年ネ
オ・バウハウス川田設計入所/ 2002 年有限会社
スタジオリッシュ入社/ 2002 年Craftwork 建
築計画工房設立

中庭のある家
 
 5 人の男の子を育てあげたT 様。これからは自分達の為にそして孫達が遊び
に来て走り回れるように、将来は敷地を分割して息子が家を建てても良いよう
に配置を考えてほしいとのお話から家づくりが始まりました。
 敷地は高台で八戸市内が綺麗に見渡せ、夏には花火も見ることができそうな
場所。南側に道路があり、将来分割されるかもしれない敷地を考えると、お向
かいさんとこんにちはしてしまう場所にリビングが当然来てしまう。これらを
考慮し、あえて玄関を南側に配置し、玄関とリビングの間にウッドデッキを設
置して遊び空間を作りました。これにより、リビングはブラインドをオープン
にしても周りを気にすることなく過ごせるような開放感を持たせました。
 ダイニングは長く過ごす憩いの場。県産品であるBUNACO の照明で優しい
雰囲気をプラス。玄関を開けたときにウッドデッキやリビングが垣間みられる
チラリズム的な空間をわざと作り、来客が「この家の中ってどうなの?」と想
像を巡らせることができるように、遊び空間の玄関と、機能重視の内玄関を設
けました。ここで仲の良い方は内玄関までどうぞ! となるわけです。
 2 階のルーフバルコニーからは夕陽や花火と四季折々の展望が見渡せます。
また、フリースペースには杉林が美しく見えるように緑が飛び込む高い位置に
窓を設置しました。
 外観ですが、外灯には名前をデフォルメして刻んだオリジナル照明を付け、
外壁は手の届かないところにはメンテナンスの楽な金属製素材を。手の届くと
ころには5 人の息子さんに手伝って塗装していただき、これからずっとかわい
がってくださいと願いを込めて木製の外装材を使用。たくさんのお子さん、お
孫さんに囲まれて今度は『我が家』を育てていただきたいとの願いを込めて。

ASJ 八戸スタジオ

[株式会社田名部組]

スタジオマネージャー:小柴一良
 T様との出会いは、イオン下田会場で開催しました「未来をのぞく住宅展」
でした。通りかがりに来場し建築家との家づくりに興味を持たれ、即日ご入会
いただきました。それからは、当スタジオで開催するセミナーや完成見学会に
毎回ご来場いただきながら、いろいろな建築家と出会い、結果、地元の大変元
気がよく女性ならではの優しさや気配りがある板垣先生に設計監理をお願いす
ることになりました。
 T様のヒアリングでは、子育ても終わり今回で2 回目になる新築は、ご夫婦
ゆっくりとくつろげる暖かいお住まいを希望されました。
 板垣先生からの初回プレゼンの「中庭のある家」は大変気に入られ、その模
型はご主人が持ち帰り毎日眺めながら息子たちに自慢するほどと伺っていまし
た。設計契約後は、八戸スタジオだけに留まらず青森の板垣先生の事務所に
出向いての打ち合わせなど積極的に行っていただきました。そうして2012 年
12 月始めに請負契約を結び、T様の希望に沿って今年5 月の連休前に完成、
引き渡しができました。連休は、遠方から息子さん夫婦やお孫さんが来られ、
自慢のお住まいで楽しく過ごされたことと思います。
 実は、新築用地を整地した際に既存のコンクリート擁壁が傾いていることに
気づきました。早速、当社の土木部担当技術者も含め、T様と対応について打
ち合わせを行いました。その結果、新築の今後の安全安心のためやり直すこと
に決定し、新しい擁壁完了後の建築確認申請になりました。当社の創業88 年
の実績から、家づくりのために総合的かつ専門的なアドバイスができたと思っ
ております。
 これからも、建築家との家づくりのすばらしさを地域の皆様にご理解いただ
き、当社の実績ある施工で、安全安心な家づくりを提供し地域社会に貢献した
いと、日々、スタッフ及び社員一同、誠心誠意努めて参ります。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待