施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 切妻屋根とステンドグラスが趣深い擬洋風建築の邸宅

SHARE

ASJ Works Close-up

切妻屋根とステンドグラスが趣深い擬洋風建築の邸宅

長野県

Oさんの家

設計 清水宏/住まい考房
施工 ASJ南信スタジオ[宮下建設株式会社]

直線的なデザインをいかしたモダンな印象の外観。家具と同じく、玄関ドアも家のイメージに合わせて制作されたものだ。①

 教育や文化活動に適した環境を維持するための特別用途地区、文教エリア。その、ゆったりと整備された閑静な住宅街にОさんが暮らす家はある。シンメトリーな切妻屋根と、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの作風を思わせる、幾何学模様のステンドグラスが目を引く、シックな外観の邸宅だ。
 「そろそろ〝終の住処〞を建てたいと思っていたときに、たまたまASJのイベントの広告を目にしたんです。では散歩ついでに行ってみようと伺ったのが家づくりのスタートでした」と奥様。イベントに参加された当時は建設予定が二〜三年先、土地も未定の白紙状態だったが、その場でご入会され、まずは土地探しから始めたという。
 そして、土地が見つかった二年後、いよいよ始まったプランの打ち合わせでOさんが希望したのは、型にはまりきったような〝白い家でないこと〞。実は、ご両親のために家を建てたことのある、家づくり経験者のOさん。今回は、誰でも住みやすい既製品のような家ではなく、本当に自分たちの暮らしに合った家を建てたいとの希望だった。
 太陽の光がたっぷりと差し込む、明るい白い家。そんな新築の家の典型的なイメージとは異なり、「家族が心から安らかに寛げるように」と、リビングルームに陽光が静かに舞い降りる、しっとりと落ち着いた風格ある家が完成した。

緩やかな角度をもたせた切妻屋根と、中央の窓に配された幾何学模様のステンドグラスが、この家の象徴である。②

建具や家具には無垢材を贅沢に使用している。③
リビング横のテラスにはストーブ用の薪が。④

 玄関からリビングルームに進むと、まず出迎えてくれるのは薪ストーブ。寒さが厳しい長野の真冬でも温かく過ごせると、Oさんもお気に入りだ。そこには、ひとつ仕掛けがある。薪ストーブで温められた空気が家中に行き渡るように、各部屋には天井近くに開閉可能な窓が設置され、通風口の役割を果たしているのである。
 性能として優れているのはもちろん、居住空間の心地よさも素晴らしい。リビング、ダイニング、キッチンが切妻屋根の高い天井のもとにひとつながりとなり、そこに配されるダイニングセットや収納などの家具は、建材に合うように制作されたものなのだ。そのおかげで、ゆったりとした雰囲気が漂う、統一感ある空間に仕上がっている。
 また、二階にご長男の部屋がある以外は、居住空間がほぼ平屋としてまとまっており、さらに各部屋の間口は広くとられ、段差がなく、バリアフリーとなっている。

桐やナラといった天然木をふんだんに使用した、温もりと落ち着きを感じさせるリビング。キッチンカウンターも広々として使いやすい。⑤

無垢材フローリング張りの洋室の向こうは和室。クローゼットの扉の鏡が便利。⑥
キッチンの隣には勝手口を有した大容量のパントリーを備えている。⑦

 「自分たちに何が必要か、それを見極められる年齢になったからこそ建てられた家だと思います。引っ越してきた当日から、昔から住んでいた家のように住み始めることができましたから」と奥様は話す。それほど、暮らしに馴染むように設計された家だということだろう。
 家族は変化する。夫婦ふたりの生活に、小さな子どもが加わって、やがて子どもは成長し、巣立っていく。家で過ごす時間帯や、家族それぞれの寛ぎ方も変わるだろう。その変化が落ち着いたOさん家族だからこそ、〝終の住処〞にふさわしい家が出来上がったのである。 「早く起きた朝に、ステンドグラスが朝日を受けて、家の中に赤や青の光を落としているのを見つけると、幸せな気持ちになります」。
 この家には、家族が本当に心地よく暮らせるための〝仕掛け〞が、ごくさりげなく、丁寧に散りばめられている。この光のマジックも、家族のための密やかな仕掛けのひとつといえるのかもしれない。
(取材/吉田桂)

天井が高い分、実際の広さよりも開放感のあるリビング。「ここでDVD を見るのが最高なんですよ」と奥様。⑧

奥様の大切なカップや書籍などを収納。⑨
廊下の引き戸は、閉めると棚が現れる。⑩
玄関の左右にシューズクローゼットを用意。⑪
各部屋に温かな空気が届けるために設けた窓。⑫
家のデザインを決めるうえで、ひとつのカギとなった絵本。⑬
食器は、隅々まで見渡せて取り出しやすい引き出し収納へ。⑭
ライトの作風を思わせる幾何学模様のステンドグラス。⑯
落ち着いた色合いでまとめられた内装。音が響きすぎないように、高い天井には吸音加工が施されている。⑰

■Oさんの家

所在地

長野県

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供2人

設計

清水宏/住まい考房
 構造・電気 担当 清水真里子
 設備・外構 担当 清水宏

施工

ASJ南信スタジオ[宮下建設株式会社]
 担当 大村裕一
設備・電気・外構 担当 梅澤正樹

構造・構法・規模

木造在来工法
地上2階 
軒高 6,080mm 最高の高さ 7,585mm
敷地面積 227.42m2
建築面積 122.48m2(建蔽率53.9%許容60%)
延床面積 132.00m2(容積率58% 許容200%)
 1階  112.87m2
 2階   16.56m2

主な外部仕上げ

屋根 カラーカルバリウム鋼板一文字葺き
外壁 木ズリラスモルタル
 ジョリパッドネオかき落しパターン
開口部 住宅用断熱サッシュ
外構 ウッドデッキ、木道、板塀

主な内部仕上げ

玄関
 床 レンガタイル
 壁・天井 ほたて漆喰ライト
食堂、居間
 床 ナラ無垢フローリング
 壁 ほたて漆喰ライト
 天井 水性塗料塗り
台所
 床 ナラ無垢フローリング
 壁 ほたて漆喰ライト、一部キッチン用パネル
 天井 玉紙張り
寝室
 床 ナラ無垢フローリング
 壁 ほたて漆喰ライト
 天井 玉紙張り

工程

設計期間 2012年 6月~2013年 3月
工事期間 2013年 4月~2013年10月

撮影

土居麻紀子(表紙 ②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑭⑮⑯⑰)
岡沢晴也(①⑪)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

清水宏

[長野県塩尻市]

1955 年長野県生まれ/ 1979 年関東学院大学工学部建築設備工学科卒業/ 1981 年株式会社諏訪総合設計入社/ 1987 年株式会社降幡建築設計事務所入社/1997 年有限会社住まい考房共同設立

Oさんの家
 
「O さんの家」は長野県の文教エリアにあります。ご夫婦が、青春時代の思い出の地に土地を購入されてお二人だけの暮らしをメインにした住まいを建てたいとのことでした。
 一方通行の道路に面し、周囲は戸建て住宅が立ち並ぶ閑静な住宅地です。昼間は小中学校のグランドから子供達の元気な声が聞こえて来ますが、夜間は静寂に包まれ理想的な環境と言えるのではないでしょうか。
 計画は、ご夫婦が理想とする暮らしを紐解くところから始まりました。様々な事柄に関して、一つ一つ丁寧に話し合いを続け、ご夫婦の理想とする暮らしを実現するための住まいの骨格をお互いに共有すべく打ち合わせや見学を繰り返し、基本計画をまとめていきました。
 途中、子供さんの部屋を計画に含めることになったり、都市計画道路に対する対応をどうすべきかなど紆余曲折を経ながら、最終案に辿り着き、完成することができました。
 外観は、ライトの建築がお好きだとお聞きしていたのと地域らしさを表現したいと考え、擬洋風建築の雰囲気とライトの雰囲気を意識したものにしました。特に、一方通行の道路側が正面になるので、その意匠には気を配りました。シンメトリー性を強くし、軒の深い切妻屋根と開口部のシルエットが特徴的です。
 平面的には、一方通行側の道路側に出入り口から続く居間、食堂、台所。その奥に寝室と水回り、更に子供部屋という配置にすることで使い易さやプライバシーの確保を可能にしました。キッチンをはじめ、多くの造り付けの家具を木製で製作することで暮らしの豊かさや質を高めることができました。
 木部を着色し、自然素材の仕上材と組み合わせることで、まるで何年も前から住んでいるような感覚という感想をお聞きし、この住まいが末永くご夫婦に愛される住まいになっていくのだろうと確信しています。

ASJ 南信スタジオ

[宮下建設株式会社]

スタジオマネージャー:大村裕一
 O 様との出会いは、諏訪湖畔の吉田五十八先生設計の施設で開催したイベントにご来場いただいた2010 年11 月で、建設予定は2 ~ 3年先とのことでしたが当日快くご入会いただきました。
 土地探しからご一緒し、納得いくまでご夫妻と歩き回り、ようやく今回の建設地にたどり着きました。併せまして、ご夫妻の家づくりに対する色々な思いをお伺い致しまして清水先生をご紹介したところ、作風やお人柄をお気に召されて家づくりがスタート致しました。
 計画段階ではご夫妻の建物イメージに近い完成作品の見学や、定期的にスタジオや各種ショールームでの打合せ、数多くのメールに依る情報交換をしながら、三位一体の家づくりを進めて参りました。工事期間中も度々現場にご足労いただきまして、スタジオスタッフが不在の時も現場の職人さんに温かいお言葉を掛けてくださりそのお人柄に感銘した次第です。
 竣工後も時々お伺いし、新宅への入魂をお手伝いさせていただいております。これからも引き続きアフターメンテナンスをさせていただきながら、O 様ご家族とのお付き合いが出来れば幸いでございます。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待