施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > やさしい時間が家族を育む家

SHARE

ASJ Works Close-up

やさしい時間が家族を育む家

宮城県宮城郡

中庭のある住まい

設計 早川徹建築設計室
施工 ASJ名取スタジオ[株式会社上の組]

一見すると平屋のように感じられる、長方形の直線が美しい外観。①

 3人の子供たちが暮らすF邸がある。通勤時間には人通りも多くなる場所だが、シンプルな長方形で構成されたこの家の前だけ、時間の流れがゆったりとした印象を受ける。「家を建てたいと思うようになって、時間をかけて何件ものハウスメーカーさんを見てまわりました。でも、これだという決め手が見つからず、テレビで住宅番組を見ては、あんな建築家がどこかにいないものかと話していました」
 そんなFさんご夫婦とASJとの出会いは奥様がもたらした。近所にあったASJ名取スタジオの看板が目に留まり、思わず飛び込んだそうだ。そこで見た建築家たちの作品は、これまで見てきたハウスメーカーでは見たことがないデザインで驚いた。複数の建築家と話せたこと、そして家づくりのプランを作っていただいた上で依頼するかどうかを考えられたのが良かった、と奥様は振り返る。「例えば直接建築家にプランや模型をお願いしてしまったら、後々イメージと違うなんて言い出し辛いですよね。ASJでは、多くの建築家さんと相談ができるのはもちろんですが、仲人役としてのスタジオの存在が心強かったです。必ず第三者が居てくれるという安心感がありました」
 長い間悩み続けた家づくりは、建築家の早川徹氏に出会ったことで、加速度を持って動き出す。「こだわりは色々とあったのですが、細かく伝える前に早川さんが最初に出されたプランを見て、これだ!って。感覚が合ったと言いますか。しかも、うちの土地は高低差があり、斜めだから駐車場にしかならないかなって思うところを、子供部屋として提案してくださったり。どこをとっても、こんな活かし方があるなんてと感心するばかりでした」

天窓を備えた吹き抜けのリビングは、2 階からも気配を感じられるつくり。②

実は、Fさんご夫婦がプランニングコースを利用し面談した建築家は、早川氏で3人目。早川氏は、間取りに対する要望より、Fさんご家族がどのように暮らしたいかを重視してプランを組んだという。当時Fさんご夫婦の子供は一人だったものの、今後のライフプランを聞いた上で子供部屋を配置。そのため、現在3人になった子供たちには一人ずつ自分の部屋がある。同じく3人姉妹で育った奥様の希望だったそうだ。「引きこもられるのは困るけど、大きくなったら自分の部屋、欲しいですよね。後から仕切る考え方もありますが、自分たちは後から手を入れる余裕はないだろうなと思ったので」
 F邸では、キッチンから中庭を介して子供部屋の様子が窺える。一方、子供部屋に入ると適度にプライバシーが保てるつくりになっている。今は小さな子供たちもここで「育っていく」ということがきちんと設計の中に入っている家。「窓の位置ひとつとっても、よく考えられていて、外部からの視線が気になりません。中庭があるおかげでリビングはカーテンなしで開放的に過ごせますし、キッチンに立ったまま目が届くので、安心して子供を庭で遊ばせておけます。いま、お砂場を作ってあげたいと考えているところです」
 これまでより、家に居る時間が楽しくなったと話すFさん一家。ご夫婦は、アパート暮らしの頃には興味が持てなかった家庭菜園にチャレンジしたいそうで、子供たちは、テントを張って庭でキャンプをしてみたいとか。子供たちの成長を見守りながら、この家だからこそ描ける夢が家族の時間を彩っていくのだろう。

(取材/齋藤純子)

開けると中庭とひと続きになる大きな窓、家族との時間を存分に楽しめる。③

ダイニングテーブルはシーンに合わせて位置を変えられる早川氏オリジナルデザイン。④
回廊のように中庭を囲むF 邸。右側がリビング、左側が子供部屋の廊下。⑤
主寝室の先の小屋裏収納や納戸など、2 階には十分な収納
スペースが隠されている。⑥
子供部屋。道路側の窓を高い位置に設け、視線を遮りな
がら採光を確保している。⑦
子供部屋上部はロフト。アスレチックのようなデザイン
で子供心をくすぐる。⑧
ダイニングの奥から2 階へ続く階段。お姉ちゃん2 人が
元気にポーズをとってくれた。⑨
リビングから和室、洋室と一周できる間取りのため、よく鬼ごっこをするのだそう。⑩
子供部屋は個室だが、ロフトから隣の部屋と行き来できる、なんとも絶妙な設計。⑪

■中庭のある住まい

所在地

宮城県宮城郡

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供3人

設計

早川徹建築設計室
構造
テラ構造設計
 担当 高橋好子

施工

ASJ名取スタジオ[株式会社上の組]
 担当 稲田真吾
設備 株式会社タカヤ
電気 有限会社ケイテック

構造・構法・規模

木造在来工法
地上2階  
軒高 6,602mm 最高の高さ 5,485mm
敷地面積 323.05m2
建築面積 109.93m2(建蔽率34.02% 許容 80%)
延床面積 148.70m2(容積率46.03% 許容300%)
 1階 107.88m2
 2階  40.82m2

主な外部仕上げ

屋根 ガルバリウム鋼板 タテハゼ葺
外壁 ガルバリウム鋼板 一部ジョリパット吹付
開口部 アルミサッシ
外構 土間コンクリート 刷毛引き

主な内部仕上げ

リビング・ダイニング
 床 バーチ無垢フローリング(床暖房用)t=15
 壁・天井 クロス貼り 一部シナベニヤ
キッチン
 床 リノリウム
 壁・天井 クロス貼り
和室
 床 畳敷き
 壁 クロス貼り
 天井 ラワンベニヤ

工程

設計期間 2012年12月~2013年9月
工事期間 2013年10月~2014年6月

撮影

齋藤純子(表紙 ⑨⑩⑪)
早川徹(①②③④⑤⑥⑦⑧)

2階平面
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図
クリックで拡大

早川徹

(宮城県仙台市)

1974 年新潟県生まれ/ 1997 年日本大
学工学部建築学科卒業後、積水ハウス株
式会社に勤務/ 2002 年有限会社白鳥・
ASSOCIATES 入社/ 2005 年早川徹建
築設計室設立

 敷地はJR の駅からほど近い場所に位置し、車、人通りの多い道路に面するため、プライバシーを最大限に確保できる計画としました。
 平面構成は、道路に面する南側に子供室のある平屋の低層部を配置し、北側にリビング・ダイニング・キッチンのある2 階建て部分を配置しました。これにより二つの棟を結ぶ外部から見えにくい空間が生まれ、プライバシーを確保できる中庭を配置しました。敷地には1m程度の高低差があり、子供室にロフトを設けていますが、冬場でも中庭に十分光りが降り注ぐよう計画しました。子供室の道路に面した窓もプライバシーを重視し高窓としました。
 生活の中心となるリビング・ダイニング・キッチンのある2 階建ての棟は、大きい吹抜けのあるゆったりとした空間とし、この大きな吹抜けは、2F の居室とを繋ぐ役割を担い、常に家族の気配を感じることができます。またリビング・ダイニングに設けた大きな開口部は、晴れた日などは中庭をリビング・ダイニングの延長として使える役割を果たしています。さらにキッチンに立ちながら中庭を通じて、子供室の様子もうかがうことができます。またダイニングに設けた大きなテーブルは、用途によって向きを変え、いろいろな使い方が可能です。
 これらの計画により、家族みんなのプライバシーを確保でき、家のどこにいても常に家族の気配を感じ、一年を通して子供たちが安心して走り回ることができる住まいとなりました。

ASJ 名取スタジオ

[株式会社上の組]

エンジニア:稲田真吾

 地鎮祭にて初めてご挨拶をさせていただきましたF 様。入会されてから長い期間を経て、当日を迎えられたという話を覚えています。建築家の交代、プランや予算のお悩み等、多くのことを乗り越えての着工です。
 着工時期は、震災復興と消費増税直前で世の中が沸き立つ真っただ中。ボリュームのあるプラン、高低差のある敷地ということもあり、施工チームで気合を入れなおして施工開始したことが思い出されます。
 早川先生とは、過去に数件の仕事を一緒にさせていただいておりましたので、納まりや考え方など気持ちの通じる部分も多く、F 様との打合せを含め、現場の流れを作ることができました。施工は繁忙期にかかり、少人数になり進捗がゆっくりになった時期もありました。その間の隔週の定例会議では大変心苦しく感じていましたが、F 様、先生とも楽しく打合せを進めていただきまして、救われたことも覚えております。外構などすべての工事を終えるまでの間に、F 様には家族も増え、家の完成もあり、希望の多き時期になったことと思います。同時にご苦労も多かった時期でもあると思います。貴重な時期にプロジェクトに関われたこと、そして最後まで信頼していただき、無事に完工を迎えることができたことに大変感謝しております。
 今後もメンテナンス等を通じ、便利な施工会社として、F 様とも早川先生とも長くお付き合いできれば幸いです。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待