施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 建築家と建主の幸せな出会い繊細な温もりと陰影にあふれた和の空間

SHARE

ASJ Works Close-up

建築家と建主の幸せな出会い繊細な温もりと陰影にあふれた和の空間

長崎県佐世保市

玄(KURO)の家

設計 山澤宣勝/てと建築工房 一級建築士事務所
施工 ASJ佐世保スタジオ[白石建設株式会社]

片流れの屋根と深い色合いの焼き杉板の外観が印象的。地元の人にも「ああ、あの家ね」と覚えてもらっているとか。

 海と山が迫る長崎県佐世保市は傾斜地が多い。その傾斜地をうまく活用し、2階建てのスキップフロアとしたのがH邸だ。特徴的な片流れの屋根と、深い墨クロ色をたたえる焼き杉板の外観が、道行く人にも強い印象を与えている。
Hさん夫妻がASJのチラシを見てイベントに来場したのが2013年9月。このとき出会ったのが建築家の山澤宣勝さんと、奥様でカラースタイリストの山澤かおるさんだ。「 会場入ってすぐ右手に山澤さんたちがいて、最初にじっくり話をしました。自分の感覚に近いものを感じて、そのまま建築家を決めました」とHさん。ハウスメーカーも見に行ったことはあったが、この時点で他の選択肢は消えていたという。
 まずは実家から徒歩圏内という条件で土地探し。現在地を見つける前にも候補の土地がいくつかあり、実際にプランニングまで進んだ土地もあった。けれども裏手が崖だったため、安全性に不安があると山澤さんは建築家の立場からアドバイス。購入を思いとどまったHさんは「知らずに買うよりむしろ良かったと思っています」と語る。
 間もなく山澤さんも太鼓判を押す土地が見つかり、具体的な設計がスタート。Hさんは和風のテイストがある家、奥様からはキッチンや家事室などの希望があったが、細かい部分はお任せだったという。
 とはいえHさん夫妻が何もしていなかったわけではない。山澤さんのこれまでの作品は写真だけでなく実際の家も見学に行った。またASJが発行する冊子類を活用し、気に入った家の写真を切り抜いてストック。こうした作業がお互いの意思疎通を図り、家づくりの方向性がぶれることがなかった。
 山澤さんが工夫したのは、高低差がある土地をどうマイナスにせず生かすかということ。その結果が玄関を中間階としたスキップフロアで、1階が寝室などプライベートな空間、2階が明るいリビングやキッチンとなっている。生活空間が分かれただけでなく、1階はひんやりと夏涼しく、2階は陽光が降り注ぐ冬も暖かい空間となった。
 また家の前面道路は意外に交通量が多い。プライバシーを保ちつつ開放感を持たせるために取り入れたのが可動式の格子雨戸だ。通常は防犯やプライバシー保護の役割を果たしてくれるが、収納してしまえば開放的なウッドデッキが出現する。

リビングの格子雨戸をすべて収納すると開放的なウッドデッキが出現。写真手前に見える木の床部分は屋外テラスだが、室内側とほとんど段差のない造りになっている。
大きな開口部とあいまってリビングとの一体感をより高めており、屋内にいながら半野外の気分が味わえる。①

 また家の前面道路は意外に交通量が多い。プライバシーを保ちつつ開放感を持たせるために取り入れたのが可動式の格子雨戸だ。通常は防犯やプライバシー保護の役割を果たしてくれるが、収納してしまえば開放的なウッドデッキが出現する。
 家全体を包む落ち着いた雰囲気を生み出しているのが、カラースタイリストのかおるさんによる色や素材のセレクト。書斎コーナーや寝室に使われた和紙、洗面台やトイレに使用されたタイルなど、考え抜かれた色調と素材が和テイストの空間を引き立てている。キッチンのコンロ周辺に使われているのは珪藻土タイル。油も匂いもつかないという優れものだが、すでに製造中止となっていて、山澤さんとかおるさんが二人で問屋を回って探し出した。最終的には新居に置く家具もかおるさんが付き添って選んだという。
 実際のところ、この家の良さを写真や文章で表現するのはとても難しい。壁紙やタイルなどの微妙な色調、和紙や珪藻土など自然素材ならではの温もりのある質感、時間や天候とともに移り変わる光の加減。その場に身を置くことで分かる繊細な気配りが、この家の居心地の良さを創り出しているからだ。
 何よりも建築家と建主が歩調を合わせ、お互いを信頼し合ってこの家を育んでいったことが見て取れる。家が完成した後も「次はここをこんな風にしたいんですが」と相談を重ねるHさん夫妻と山澤さん、かおるさん。その姿に「幸せな出会い」とはこんな出会いを言うのではないかと感じた。
(取材/湯浅玲子)

吹き抜けのあるリビングをロフトから眺める。窓には防犯とプライバシーを意識した格子雨戸が。②
午後の光が差し込むリビングでくつろぐHさん夫妻。新居の完成後にはお子さんも誕生した。③
落ち着いた雰囲気のトイレや洗面台にはこだわりのタイルを使用。④
山澤さんのこだわりのひとつ、キッチン脇に貼られた油や匂いがつかない珪藻土タイル。⑤
壁や天井に和紙が貼られ、畳の小上がりがある書斎コーナーはHさんの希望で実現。とても居心地が良く、ここで昼寝をすることもあるとか。⑥
1階のプライベート空間にある寝室はブルーを基調にした静かな雰囲気。生活の目的やイメージを考慮して1階と2階では色調を変えている。⑦
Hさんが最も気に入っているという夜の外観。闇に溶け込んだ墨クロ色の建物から、温もりのある柔らかな光がもれ出している。⑧

■玄(KURO)の家

所在地

長崎県佐世保市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供1人

設計

山澤宣勝/てと建築工房 一級建築士事務所
 担当 山澤宣勝・山澤かおる

施工

ASJ佐世保スタジオ[白石建設株式会社]

構造・構法・規模

木造在来工法
地上2階  
軒高 7,991mm  最高の高さ 8,261mm
敷地面積 219.29m2
建築面積 101.51m2(建蔽率46.29% 許容60%)
延床面積 167.45m2(容積率76.36% 許容200%)
 1階    79.49m2
 2階    87.96m2

主な外部仕上げ

屋根 ガルバリウム鋼板 竪ハゼ葺き
外壁 焼き杉板張り、一部サイディング+塗装
開口部 アルミ樹脂複合サッシ、一部木製建具

主な内部仕上げ

LDK
 床 無垢フローリング(ナラ)
 壁 珪藻土塗り
 天井 レッドシダー
和室
 床 縁なし畳
 壁 和紙貼り
 天井 和紙貼り
書斎
 床 無垢フローリング(ナラ)畳小上がり
 壁 和紙貼り
 天井 和紙貼り
子供室
 床 無垢フローリング(ナラ)
 壁 クロス貼り
 天井 クロス貼り

工程

設計期間 2013年11月~2014年8月
工事期間 2014年10月~2015年5月

撮影

志賀智(表紙 ③⑤⑥)
針金洋介(TechniStaff)(①②④⑦⑧)

M2階平面
クリックで拡大
2階平面
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図 縮尺1/200
クリックで拡大

山澤宣勝

[福岡市早良区]

1969年鹿児島県生まれ/1996年九州大学大学院修了後、有限会社永田建築事務所入社/2006年てと建築工房 一級建築士事務所設立

 「玄(KURO)の家」の住まいづくりは、土地探しからはじまりました。いくつかの候補の中でご夫婦が最終的に選ばれた土地は、高低差のある土地。これを生かすこと、そして和を意識した落ち着いた趣をもつことが設計のテーマになりました。打ち合わせを重ねたどりついたのは、中間階に玄関を持ち、深い墨クロ色の焼き杉の外壁と二重の片流れの屋根が印象的なスキップフロアの住まいでした。
前面道路からの視線を気にせずに日々の生活がおくれるように、玄関から半階おりた1階では個室と、深い軒に守られた落ち着いた雰囲気のワークコーナーを、そして玄関から半階登った2階にメインの生活空間を計画しました。可動式の格子雨戸を開閉することにより、ウッドデッキを取り込んだ開放的な空間と、心地よい通風と採光を得ながらも防犯やプライバシーを重視した空間という相対する2つの空間の楽しみ方をリビングに提案しました。
キッチンを中心にぐるっと回れる回遊性のある動線とし、周囲に書斎や家事室の個人スペース、さらに各収納スペースやデッキ空間を配置することで、家族の程よい距離感と使いやすい家事動線、そして空間ののびやかさを実現しています。 
室内は調湿と空気環境に配慮して、珪藻土と和紙の壁、ナラの無垢材の床、レッドシダーの天井と、自然素材をふんだんに用い、オフホワイトとブラウンの落ち着いたコントラストで仕上げています。

ASJ佐世保スタジオ

[白石建設株式会社 ]

スタジオマネージャー:松崎章
 
木の温かさに包まれた「玄(KURO)の家」の家づくりの始まりは2013年9月のイベントでの出会いがきっかけでした。土地からお探しでしたが、幸いにもご実家の近くに検討してみたい土地があり、早速山澤先生と現地確認・プランへと進む運びとなりました。
打ち合わせの度に感じたことは、H様ご夫妻がとてもお互いを尊重、信頼し合い、その信頼に山澤先生・かおる先生のアドバイスが素敵に重なり合って、一歩ずつですがH様ご夫婦の家づくりの夢が具現化していったことです。H様ご夫婦・山澤先生ご夫婦との信頼関係が強く結びついたからこそ「玄(KURO)の家」は竣工したものと思っています。
お引き渡し後、待ちに待った新しいご家族も誕生され、ご夫婦の心の繫がりの中にお子様を中心とした何気なくも豊かな日常が育まれていくことでしょう。
H様本当に有難うございました。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待