施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 緑溢れる景色を眺めて心穏やかに寛ぐ家

SHARE

ASJ Works Close-up

緑溢れる景色を眺めて心穏やかに寛ぐ家

東京都立川市

ハヤ邸

設計 阿川宮鳥/コエタロデザインオフィス
施工 ASJ立川スタジオ[株式会社YAZAWA LUMBER]

北から南へと斜めに伸び上がる天井のおかげで、実際よりも広く感じられる2階のリビングルーム。家族の憩いの場所だ。

 H様の家づくりは、樹々に囲まれる清らかな玉川上水に面した土地との出合いから始まった。「この景色の素晴らしさを生かした家をつくりたい」、そんな想いを胸に秘め、ASJ立川スタジオのイベント「未来をのぞく住宅展」に参加されたのだという。
「景色のことを第一に、ひとりで籠もれる書斎が欲しいなど、希望をリストにして阿川先生にお渡ししました」とご主人様。
「私は、子どもと一緒にパンがつくれるような広いキッチンが欲しかったんです。あとは、事前に先生の作品をホームページで拝見して、この家の床がいいとか、あの家で使われている階段がいいとか、イラストを添えて希望を伝えました」と奥様。
 そして、おふたりの情熱をかたちにしたのがコエタロデザインオフィスの阿川宮鳥さん。
「頂戴した手書きのリストはとても具体的で、すぐにおふたりの希望する家がイメージできました」

鋭角や直線を生かした外観に、カーブをもたせた玄関のステップが柔らかさを演出。②

 建主であるYさん夫妻は、もともと神戸に在住していた。全国各地を旅する中で地方への移住を考え始め、最終的に候補となったのが杵築市だ。「落ち着いた城下町の雰囲気に加え、瀬戸内に面した温暖な気候風土が気に入りました」とYさん。現在の土地も出合った瞬間に購入を決めたとのこと。建物はすでになく、庭は荒れ放題だった。
 建築をどうするか考えていたとき、たまたまASJのサイトで九州の登録建築家をひと通り見たという。その中でひときわ印象に残ったのが柳瀬さんの作品だった。「凛としていて静謐な建物。北欧のテイストと和の雰囲気がうまく調和しているというか、私の好みと非常に合うと感じました」とYさん。
 けれども「建築家は高嶺の花」と考えていたYさんには不安もあったため、柳瀬さんが参加するイベントに足を運んでみることに。実際に会ってみた柳瀬さんは「最初からとても親しみやすく、設計も頼みやすかったですね」。こうして建築家との家づくりがスタートした。
 設計にあたってYさんから出された注文は「広いリビングがほしい」「平屋がいい」といったざっくりしたもの。移住後はパン屋を営むことを決めていたため、店舗の基本的なレイアウトは提出したが、それ以外はほぼお任せだった。任された柳瀬さんも「考えたことをそのまま出せばいいので、プランはすんなり進みました」と語る。建築家と建主の相性がいいからこその信頼関係といえるだろう。
 柳瀬さんが心がけたのは歴史的なものを大切にすること。「百年以上経ったものを新たにつくることはできません。そこを最大限に尊重しつつ、新しいイメージをどう取り入れるかに腐心しました」。例えば駐車場は以前の石垣を一度取り壊し、その後に違和感がないよう新たに石垣を組みなおしている。また庭の梅の木や井戸を残し、それらを活かした平面配置となっている。
 実はYさん、平面図を見た段階では「思った以上にシンプルだな」と感じたそうだ。けれども実際に空間が出来上がってみると「細かなところにも気配りがあり、生活していると毎日発見がある。さすが建築家の建物だと感じます」と語る。
 ご主人のお気に入りはリビング。木の天井と漆喰の壁のリビングは音響が良く、オーディオが趣味のご主人にとっては最高の場所だ。また奥様のお気に入りはリビングの窓辺に設えられたベンチ。ここから庭の梅の木を眺めることができる。「疲れたときはゴロゴロできるし、家の中にいながら季節を感じられる贅沢な場所です」と奥様。
「この家に帰ってくると本当に素敵な家だな、これが私の家なのだと感動します。毎日が新鮮な気持ちです」と語る奥様。理想の住まいを手に入れて、Yさん夫妻は新たな生活を存分に楽しんでいる。
(取材/湯浅玲子)

光や風を各階へと届け、空間を広くつなげてくれるスケルトンの階段。④

ロフトの書斎からも緑溢れる景色が楽しめる。⑤
書斎はご主人様のプライベートスペース。⑥
階段下は収納スペースとして活用。ロールカーテンを下ろせば、目隠しになるうえ空調効率もアップ。⑦
玄関入ってすぐの壁に丸みをもたせ、圧迫感を軽減している。⑧

■ハヤ邸

所在地

東京都立川市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供1人

設計

阿川宮鳥/コエタロデザインオフィス
構造 株式会社坂田涼太郎構造設計事務所
 担当 坂田涼太郎

施工

ASJ立川スタジオ[株式会社YAZAWA LUMBER]
 担当 西村隆司 新井淳也

構造・構法・規模

木造在来工法
地上2階建  
軒高 5,750mm  最高の高さ 8,170mm
敷地面積 104.51㎡
建築面積  50.60㎡(建蔽率48.41% 許容50%)
延床面積  91.98㎡(容積率88.01% 許容160%)
 1階   44.31㎡
 2階   47.67㎡

主な外部仕上げ

屋根 ガルバリウム鋼板
外壁 ラスモルタルの上リシン吹き付け
開口部 アルミサッシ
外構 土間コンクリート

主な内部仕上げ

リビングダイニング
 床 オーク無垢フローリング
 壁 クロス貼り
 天井 シナベニヤ
キッチン
 床 CF
 壁 クロス貼り
 天井 シナベニヤ
主寝室
 床 和紙畳
 壁 クロス貼り
 天井 クロス貼り
子供室
 床 オーク無垢フローリング
 壁 クロス貼り
 天井 クロス貼り
工事費 約2200万円

工程

設計期間 2015年4月〜2015年11月
工事期間 2015年12月〜2016年5月

撮影

土居麻紀子(表紙 ①②③④⑥⑦)
繁田諭(⑤⑧)

断面図A縮尺1/200
クリックで拡大
3階平面
クリックで拡大
2階平面
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
断面図B
クリックで拡大

阿川宮鳥

[東京都日野市]

1966年三重県生まれ/1988年東京ハウジングアカデミー卒業後、1988年株式会社都市研究所に勤務/1998年株式会社アクタス入社/2001年コエタロデザインオフィス設立

 計画地は、玉川上水に面した静かな住宅地に位置します。
 北側に玉川上水、東側に水路沿いの細い道が続き、水と樹木の魅力的な景色が広がっています。一方で南側は住宅が建っており、日差しは入るものの、眺望は期待できません。そのような敷地条件から、「北側の景色を眺めながら、南の光を背に浴びて暮らす」をテーマに計画を進めました。
 まず、窓の用途を以下の2つに分けました。
 景色を取り込む窓と、光を取り込む窓。
 北側には、景色を取り込む横長の窓を設け、それを正面に望むように、ダイニングテーブル、キッチン、小屋裏の書斎を配置しました。
 南側には、視界が広がる高い位置に、光を取り込む窓を設け、リビングまで明るさと通風を届けるように配慮しています。天窓からの光も加わり、優しい光に包まれる空間となっています。
 四季折々の景色を背景に、穏やかな暮らしが想像できる、そんな家に仕上がりました。

ASJ立川スタジオ

[株式会社YAZAWA LUMBER ]

クライアントパートナー:新井淳也
 H様ご家族と最初にお会いしたのは、2015年 4月の「第7回 未来をのぞく住宅展」でした。既に会員だったH様は、このとき参加していた建築家の阿川先生とお話をするため、イベントにいらっしゃいました。5月に初回プランをご提案することとなり、それまでの約1ヶ月の間に阿川先生と現地確認に行ったりして、当日を迎えました。
 初回プレゼンのためスタジオにお越しいただいたとき、ご子息様が非常に元気で明るかったのが印象的です。スタジオに置いてあるサンプル品で一緒に遊んだりと、いつも楽しませてくれました。また、阿川先生が模型を持って来られた時のH様と奥様のキラキラ輝いたお顔を今でも鮮明に覚えております。その模型をご自宅に持ち帰るとご子息様が壊してしまうかもと言って、スタジオでお預かりすることになった時、残念そうにされていたことも…。
 初回プランは、基本ボリュームは大方変更なしでしたが、少し予算オーバーだったため、コストダウンを図ることとなりました。H様、阿川先生、SVと共に考え、できる限りご予算に近づけ、2015年6月に設計契約を締結。その後、地区計画等もクリアにしていく中で、クライアントパートナーとして考えを述べさせていただいたこともありました。プラン確定後に地盤調査を行い「改良無」判定となった時は、全員が安堵しました。11月には工事契約を締結。12月に基礎着工となり現場監督にバトンを渡すと、その後は一気に完成に向けて進み始めました。
 今回の計画では「曲線」など独特の納まりだったため、より良くなるように現場監督が中心となり関係者打ち合わせを現場で幾度となく行いました。H様の譲れないご要望だった「鉄骨階段」や「階段本棚」などが出来上がったのを見たときはとても感動しました。竣工後は関係者で検査を行い、2016年6月に無事お引き渡しとなりました。
 私自身としても、とても素敵な経験となる住まいづくりをお手伝いさせていただきありがとうございました。これからもずっとよろしくお願いいたします。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待