施主様のお話

HOME > 建築家との家づくり > ASJ Works Close-up > 家づくりを楽しみながら実現こだわりの詰まった日々の暮らし

SHARE

ASJ Works Close-up

家づくりを楽しみながら実現こだわりの詰まった日々の暮らし

島根県出雲市

灰色の家

設計 原浩二建築設計事務所
施工 ASJ島根スタジオ[ヒロシ株式会社]

中2階のフリースペースから子ども部屋へ通じる階段で読書する子どもたち。

 出雲大社で知られる島根県出雲市。参道からほど近い住宅地の一角にあるA邸は、グレーの板塀と外壁にすっぽりと囲まれた家。中の様子をうかがい知ることはできないが、独特の存在感を放っている。
 Aさん夫妻が初めてASJのイベントを訪れたのは2013年のこと。ファッションやデザインに関わる仕事をしていたこともあり、好きなようにデザインできる家がいいと考えていた。そんなAさん夫妻に建築家はぴったりだったが、当時は土地探しの真っ最中。会社にも、奥様の実家にも近いという条件で土地を見て回ったが、どこも決め手に欠けていた。
 そんなときに出合ったのがスタジオから紹介された現在の土地。「家を建てるなら歴史的なものがある土地がいいと考えていました。出雲大社に近いこの場所なら、子どもたちも自分の育った場所に誇りを持つことができるのではと感じました」とAさん。出雲大社は夫妻が挙式した場所でもあり、ご縁を感じてすぐに土地の購入を決めた。
 設計は最初のイベントで出会った原浩二さんに頼もうと早くから決めていた。奇抜なデザインではないけれど、どこか変わったテイストを持つ作風。そして何よりも気に入ったのが人柄だ。「原さんは自分が気に入っていない部分も包み隠さず話してくれるんです。自分が完璧でないことを認めて、正直に話をする姿に好感を持ちました」。

①屋根に傾斜のある五角形にこだわった外観。左側のグレー部分が中庭となっている。

  家を建てるにあたって出した注文は、まずカーテンを閉めなくていいこと。「外からの視線を気にせず、カーテンを開け放して生活したいと思って」と奥様。また外観は屋根に傾斜のある五角形にこだわった。こうした要望を受けて原さんが提案したのが、板塀に囲まれた内部に中庭があるスタイル。また、収納はなるべく一カ所にまとめたいと希望したところ、家の中心にクローク室がある大胆な間取りとなっている。
 内部は白を基調に木を取り入れた造りだが、所々に配された鉄やタイルなどの異素材が空間のアクセントに。このタイル類はAさんの仕事の関係で入手したもので、深い味わいを持つものばかり。会社関係の職人さんに壁を塗ってもらったり、後輩の実家の家具屋で家具をあつらえたり、Aさんたちのこだわりがあちこちに感じられる。
 原さんのセンスあるアイデアにAさん夫妻のこだわりが加わり、それをいろいろな人がサポートする。たくさんの人のコラボレーションで完成した家づくりを、奥様は「本当に楽しかった!」と目を輝かせてふり返る。ご主人も「家を建てて良かったと心から思います」と語る。

②明るい光が差し込む中2階のフリースペース。両側の階段は夫妻の寝室と子ども部屋へつながる。

③間仕切りがほとんどなく、家全体がつながっている。ここは廊下の一角にある洗面台。

④リビングの壁は職人さんの手によるもので、家具類もオーダーしたもの。
⑤家の中心には通り抜けができるクローク室があり、収納力もたっぷり。
⑥外光が入る浴室のタイルはご主人が選んだもの。
⑦屋外と屋内の中間のような明るい中庭は一家のお気に入り。

この家のすべてが気に入っている二人。中でもお気に入りをあげてもらうと、ご主人はお風呂と薪ストーブ。中庭が見えるガラス張りのお風呂には、Aさんセレクトのタイルがふんだんに使われている。また玄関の土間を延長して設置した薪ストーブは心地よい暖かさ。「主人はとにかく火を入れたくてしょうがないんです」と奥様は笑う。
 奥様お気に入りの場所はクローク室の上に設けられた中2階のフリースペース。陽が差す日中は暖かく、アイロンがけなどの作業スペースになる。ときには子どもたちがここで本を読むこともあるとか。「一見変わった家のように見えますが、実際に住んでみると思った以上に暮らしやすいんです」。
 実は、板塀の下は数十センチほど切り取られ、内外がつながっている。ここから自然光が差し込み、人の気配も感じられる。「出雲大社がある場所だけに、全部を閉ざしてしまうと拒絶感が大きいと思って」。歴史あるものを大切に考えるAさんなりのこだわりだ。

(取材/湯浅玲子)

⑧奥様お気に入りのフリースペースで、アイロンがけなどの作業をしながら日中を過ごす。

⑨玄関土間を延長して設置した薪ストーブは「安心する暖かさ」とご主人。かたわらのカフェテーブルでゆったりと過ごすことも。
⑩隣り合う娘さん二人の部屋には小さな窓がついていて、おしゃべりしたりと仲がいい。この窓は設計した原さんのアイデア。
⑪天井と足下から屋外の光が入る中庭。地面に敷かれているのは、廃業したレンガ工場からもらい受けた耐熱レンガ。

■灰色の家

所在地

島根県出雲市

主要用途

専用住宅

家族構成

夫婦+子供2人

設計

原浩二建築設計事務所

施工

ASJ島根スタジオ[ヒロシ株式会社]

担当 松本剛

設備 有限会社森山組

電気 神州電気株式会社

構造・構法・規模

木造在来工法

地上2階  

軒高 4125mm 最高の高さ 6715mm

敷地面積  227.76㎡

建築面積  95.65㎡(建蔽率41.99% 許容80%)

延床面積  129.51㎡(容積率56.86% 許容200%)

 1階  74.95㎡

 2階  54.56㎡

主な外部仕上げ

屋根 カラーガルバリウム鋼板縦はぜ葺き

外壁 カラーガルバリウム鋼板縦はぜ葺き

開口部 アルミサッシ

外構 砕石敷き

主な内部仕上げ

居間、食堂・台所

 床 ナラ無垢フローリングt15

 壁 PBt12.5+クロス貼り

 天井 梁・合板現し

クローク1 

 床 シナベニヤt4+浸透性保護塗装

 壁 吸湿ボードt9

 天井 ナラルーバー

浴室

 床 タイル貼り

 壁 タイル貼り

 天井 ケイカル板t6+ウレタン塗装

寝室、子供室

 床 ナラ無垢フローリングt15

 壁 PBt12.5+クロス貼り

 天井 PBt12.5+クロス貼り

工程

設計期間 2014年12月〜2015年9月

工事期間 2015年10月〜2016年3月

撮影

志賀智(表紙 ③⑦⑧⑨⑩⑪)

野津写真事務所 野津研一(①②④⑤⑥)

断面図 縮尺1/200
クリックで拡大
1階平面 縮尺1/200
クリックで拡大
2階平面
クリックで拡大

原浩二

[島根県出雲市]

1966年島根県生まれ/1989年芝浦工業大学工学部建築学科卒業/1990年株式会社安井秀夫アトリエ入社(~1998年)/2002年原浩二建築設計事務所設立

 敷地は出雲大社近くの新しい住宅地の一画で、道路を挟んだ東側には3階建ての団地もあり少々落ち着かない環境でした。
 外観は軒高を低く抑えた家型で、極力ボリューム感を抑え、グレーに着色した板塀は、建主であるA様の「プライバシーを守りたい」という要望に答えて、中庭とLDKの大開口を周囲の視線から守っています。中庭の中央には外部物置と大きな軒下をつくり、使い勝手をよくするように考えました。
 内部は玄関から居間へと続く土間空間を配置して「木塀~中庭~土間~居間」と奥行きのある空間をつくりだし、その土間に薪ストーブを設置して吹き抜けのあるこの家の冬場の室内環境を快適なものにしています。また、あえて1階中央に300mmほど床を下げたクローク室のボリューム(上部は中2階のフリースペース)を置くことで、DKと居間を緩やかに区切りながらも2階を含めた家全体の一体感を確保し、回遊性を生み出しています。
 ご主人の仕事の関係で、この地域でつくられたいくつかの「味のある」タイルを支給されたり、仕事関係の左官職人さんにどこかしらの壁を塗ってもらいたいとの希望もありました。モダンな家づくりをイメージされているのとは逆に、提示されたそれらのものは時間や人の手を感じさせるものであったので全体のバランスをとることに苦心しましたが、そのことがこの家に深みを生みだし、完成したときからすでに“少しだけ”時間の流れや、手作りの跡を感じてもらえる家になった気がしています。

ASJ島根スタジオ

[ヒロシ株式会社]

スタジオマネージャー:伊達睦恵
 縁結びの神様「出雲大社」の門前町である出雲市大社町に暮らすことを望まれたA様ご夫妻。歴史や文化・伝統を大切になさるA様の想いに共感してくださった原浩二先生を建築家に選定し、プランニグコースがはじまりました。
「毎日、露天風呂の気分で入浴したい」
 これは当初より、ご主人がいちばんこだわられたご要望でした 。
 モノを作る仕事に携わっていらっしゃるA様は、モノのもつストーリーを大切になさいます。廃業することになった知り合いの工場からタイルを譲り受けられ、ご主人こだわりの浴室に利用することになったのは、そうした事情から。
 一方 、結論よりもそこに至るまでの過程をとても大切になさる原先生。素材を選ぶにも色を選ぶにも、なぜ自分はこれを選択したのか、なにに迷ったのか、デメリットはどこにあるのか、原先生は正直に、丁寧に説明なさいます。
 そんな原先生との打ち合わせはミリ単位で検証することも多く、ときに8時間に及ぶこともありましたが、A様ご夫妻は打ち合わせのたびに手づくりのお菓子をお持ちくださるなど、その時間をとても大切に共有してくださいました。
 事前に検証を済ませ、決定事項のみをお知らせすれば、合理的な打ち合わせはできたでしょう。が、お客様とともにひとつひとつ検証し納得しながら作り上げていくことこそが、建築家との家づくりの醍醐味なのだろうと、A様邸の打ち合わせを通して感じました。
 そうしてできあがった「灰色の家」。
 A様ご夫妻は原先生の想いを受け止め大切にしてくださっていますので、この家をとても慈しみ、手をかけて暮らしてくださっています。これから先、「灰色の家」にどんなストーリーがうまれるのか、楽しみです。

この記事は、ASJの会員向け会報誌「A-Style Monthly」に掲載されたものです。

会員登録(無料)すると、
会報誌「A-Style Monthly」を毎月お届けいたします。

関連記事

RELATED POSTS

ASJ会員登録のメリット

BENEFITS

設計プランの第1歩

会報誌をプレゼント

イベント・セミナーへのご招待